2019秋ドラマ

【1話から8話(最終回)】ドラマ『ハル ~総合商社の女~』の見逃し配信フル動画を無料で視聴する方法|中谷美紀主演・藤木直人【あらすじネタバレ・再放送・5話・6話・7話】

【1話から全話】ハル ~総合商社の女~の見逃し動画を無料で視聴する方法|中谷美紀主演・藤木直人

この記事では中谷美紀さん主演で話題の「ハル ~総合商社の女~」全話を無料で視聴する方法を解説します。

クイーン
クイーン
放送から1週間以上たってしまっても「Paravi」なら見逃し動画が無料で見放題ですよ♪ わかりやすく説明しますね!

「ハル ~総合商社の女~」を今すぐ無料で見る 

【1話から8話(最終回)】ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の見逃し配信フル動画を無料視聴する方法

「Paravi」の無料期間で全話見放題

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の見逃し動画はParaviの無料期間で安心・安全に視聴できます。

\ まずは30日間無料体験 /

無料で今すぐ見る 

Paraviの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨

Paravi「ハル ~総合商社の女~」無料視聴
【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「ハル ~総合商社の女~」を見る>>

ParaviはTBSとテレビ東京の見逃し配信が魅力的な動画配信サービスです。

「グランメゾン東京」「死役所」「凪のお暇」などの話題作が全話見放題‼️

さらに中谷美紀さん主演の「ケイゾク」「あなたには帰る家がある」「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」なども見放題です✨

Paravi_中谷美紀主演作品の一覧

そんな魅力的なParaviのサービスですが、やっぱり気になるのがそのお値段。

Paraviの月額料金は925円(税抜)です。1日あたり約30円で使えます。

お得ではありますが、それでも有料だと「う〜ん」と悩んでしまいますよね?

でも安心してください。

今なら初回登録から30日間の無料体験ができるんです✨

無料体験中に「課金したくない!」と思ったらいつでも無料で解約OK🙆‍♀️

当サイトからもたくさんの方が無料体験に申し込んでいるので、安心して試してくださいね😌

無料体験の詳細はこちら 

30代女性
30代女性
Paraviは「凪のお暇」を見るために契約しました。テレビやスマホで気軽に見れるのがとても便利で満足しています。家事や育児が忙しい時はリアルタイムで見れないんですが、DVDレコーダー?は機械に弱い私だとよくわからなくて…。Paraviなら簡単な操作で自分の好きな時間に視聴できるのがとっても便利です。
Paraviの配信作品

グランメゾン東京、グラグラメゾン♥東京、4分間のマリーゴールド、凪のお暇(ディレクターズカット版)、ノーサイド・ゲーム(ディレクターズカット版)、孤独のグルメ、ミリオンジョー、クロサギ、インハンド、ビューティフルライフ、GOOD LUCK!!、MR.BRAIN、キングオブコント2019、SPECサーガ完結編、花のち晴れ、水曜日のダウンタウン、マツコの知らない世界(一部独占) ほか多数(8,000本以上)

クイーン
クイーン
私は有料会員です。毎月1枚もらえるチケットで500円分の映画も見れてお得なので、なんだかんだ継続しちゃってます✨

\ まずは30日間無料体験 /

「ハル ~総合商社の女~」を見る

Paraviの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨

Paravi「ハル ~総合商社の女~」無料視聴
【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「ハル ~総合商社の女~」を見る>>

TVerなどの見逃し配信サービスで視聴するには?

「ハル ~総合商社の女~」は、放送日から1週間以内なら無料見逃し配信サービスでフル動画が視聴できます✨

CMが嫌だったり、これより前の放送が見たいときはParaviの無料期間で快適に視聴してくださいね🚀

違法の無料動画サービスで視聴するには?

YouTubeなど違法の無料動画サービスでドラマ動画を視聴すると…

  • ウィルスやスパイウェア感染💀
  • 個人情報の漏洩💀
  • ワンクリック詐欺💀
  • パソコンやスマホの不調💀
  • 違法動画のダウンロード視聴は法律違反💀

危険がたくさんなので絶対にやめたほうがいいですよ😭

【1話から8話(最終回)】ドラマ「ハル ~総合商社の女~」見逃し配信フル動画配信状況

「ハル ~総合商社の女~」の見逃し配信をしている有料の動画配信サービスを調べました。

配信状況月額料金(税抜)無料お試し期間特徴
FOD888円1ヶ月無料フジテレビのドラマ独占見逃し配信◎
Paravi二重丸925円30日間TBS・テレビ東京のドラマ独占見逃し配信◎
U-NEXT1,990円31日間NHKのドラマ独占見逃し配信◎
Hulu933円14日間日本テレビのドラマ独占見逃し配信◎
Amazon500円30日間一部新作含め、安価に旧作ドラマが楽しめる
ビデオパス562円30日間テレビ朝日のドラマ独占見逃し配信◎

「ハル ~総合商社の女~」の見逃しフル動画はParavi独占配信でした。

2週間以上前の放送話を一気見したい方はParaviの無料期間で楽しんでくださいね✨

\ まずは30日間無料体験 /

「ハル ~総合商社の女~」を見る

Paraviの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨

【0.5話から全話】ドラマ「ハル ~総合商社の女~」のチェインストーリーを視聴する

▼フル動画はGAYO!で無料視聴できます✨
GAYO!で見る

配信期間:12月23日(月)22:53まで
クイーン
クイーン
本編では明かされなかった裏側の物語が見れて、よりいっそう「ハル」を楽しむことができますよ✨

【1話から8話(最終回)】ドラマ「ハル ~総合商社の女~」のあらすじネタバレ感想

イントロダクション

INTRO

『ハル ~総合商社の女~』は、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴(中谷美紀)が一般常識にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描きます。

ラーメン屋の再建から、海外の病院の買収、アパレル会社や映画会社の改革に至るまで、意外に知られていない商社の実態も垣間見ることができます。
時にはトップダウンすら覆し、思いもよらない方法で解決への道を切り開いていく爽快ヒューマンドラマです。

Paraviから引用

第1話(2019/10/21放送)

特別ゲスト:田口浩正、田中要次、小松利昌

ラーメンからロケットまで多岐にわたる事業を手掛ける大規模な総合商社・五木商事に引き抜かれたアメリカ帰りの海原晴(中谷美紀)。
異例の抜擢で経営企画部部長補佐に就任。
そんな晴の前に現れた部長・和田寿史(藤木直人)は久しぶりの再会になる元夫だった…。

そんな中、晴が初めて参加した会議では、売り上げが低下しているラーメンチェーン店「麺一」の撤退が議題に…。
副社長・高山雄一郎(奥田瑛二)の意向に従って経営企画部の藤尾(山中崇)や矢野(渡辺邦斗)ら多くのメンバーが賛同するが、晴はそんな保守的な空気をぶち壊す驚きの提案をする!

晴はさっそく直接の担当者である田村(田口浩正)に相談するが、ラーメン事業にはまったく愛情がない様子…。
しかも、いきなり撤退の方針を聞いた「麺一」の 店主・松岡(田中要次)たちが晴に怒りをぶつける。
晴はどんな方法でピンチを切り抜けていくのか!?

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

総合商社に引き抜かれた海原晴(中谷美紀)が楽しく仕事をするために
周りの人を巻き込みはっきりとした物言いで
総合商社の古い風習を変えていくお話。

晴と涼(寺田心)の会話はまるで恋人同士のよう。笑
仕事が忙しい晴に対する気づかいとか凄いよね!
子供ながらにいろいろ悟ってる感。

元夫にあたる和田寿史(藤木直人)は上司。
別れた夫婦にしては嫌な空気がないように思うけど、初対面のフリしてた。
このへんのお話ものちのち出てくるのかな?

影ながら晴を見守りそっと支える存在のようです。

晴の考えに共感し尊敬する青柳悠馬(白洲迅)。
どうやら晴が気になるようで、尊敬だけでは終わらない恋の予感…!
初々しい感じが可愛いらしい子だ。笑

いろんな人の助けがあり、無事にラーメン屋を再建することができた晴ですが
その事が気にいらない副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)。
今後、波乱の展開が予想される…!!

クイーン
クイーン
晴の「人たらし術」素晴らしかったですね✨前向きで明るい姿勢を観ていると元気がわいてきます☺️
にしても晴のあの香辛料?調味料?好きはどこからきてるんだろ…🤔
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第2話(2019/10/28放送)

特別ゲスト:寺田農、桐山漣、小林隆

五木商事・経営企画部の部長補佐に着任早々、ラーメンチェーン店の立て直しに成功した海原晴(中谷美紀)。
経営企画部の新たなミッションは、シンガポールのロングベイ病院グループ買収プロジェクトの精査だった。これは、シンガポール支社の櫻井保(桐山漣)が提出した買収案である。しかし、数百億円をかけた大事業であり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は難色を示す。藤尾勝之(山中崇)ら、他の部員もリスクが大きいと眉をひそめるが、ひとり張り切る晴は部長の和田寿史(藤木直人)に早速、シンガポールへの出張を申し出る。

早速晴は櫻井に「決定打が足りない」と意見すると、櫻井は外国からの患者を招いて医療サービスを提供する“メディカルツーリズム”を提案し、晴は目を輝かす。
晴の報告を聞いた和田は、プロジェクを成功に導くためには日本の医療ビジネスとの連携が必要だと判断し、全国で多数の医療施設を経営する実力者である医療法人「新隆会」の会長・小笠原隆一(寺田農)を紹介する。
早速、晴は小笠原にアポを取ろうとするが、小笠原の秘書・熊澤巧(小林隆)に「新しい方とは一切会わない」の一点張りで面会すら許してもらえない。
果たして、晴は持ち前の“人たらし術”を駆使して小笠原を口説くことができるのか!?

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

晴(中谷美紀)の人たらしが炸裂した第2話。

最初におちたのは秘書の熊澤さん(小林隆)。
晴の懸命な姿に魅了されたのでしょうね。

1度や2度断られたぐらいじゃ諦めない姿勢は素敵すぎます!

シンガポールからマレーシアの話をした時に
小笠原会長(寺田農)も落ちたと思ったんだけどな。
私の考えは甘かったようです…。

和田部長(藤木直人)の「病院以外の事にも目を向けろ」と
助言があり新たな策を考える晴と櫻井保(桐山漣)。

そこで櫻井が考えたのが「不動産」。
シンガポールの不動産王とも呼ばれているスー・チェン氏は
五木商事とビジネスパートナーでもあります。

そこで櫻井がスー・チェン氏と話をし、「土地等含めての投資を快諾してくれた。」と大きな協力者を見つけてきました。

メディカルツーリズムだけではなく、小笠原会長の強みでもある
「高齢者介護施設の経営」と「介護サービス」で新案を提示。

「単なる人助けではない、地に足のついたビックビジネスです!」

考えている様子の小笠原会長に「安心して老後を過ごすプラン」なども提示。

ダメ押しの小笠原会長と奥様のバラのお話。
奥様のお誕生日にピンクのバラを送っていた会長。
そのお礼にと奥様は白いバラを会長に送っていたようです。

ピンクのバラの花言葉は「恋の誓い」
白いバラの花言葉は「心からの尊敬」
素敵なご夫婦…😭

飾られたピンクのバラの中に白いバラをさし、会長の一言。
「わかりました、このお話お受けしましょう。」
「ただし、私は五木商事という看板と仕事をするのではなく、海原晴と仕事をするんだ。」
「とんだ人たらしだなぁ。」

認めてもらえるようにプランを練りなおし、晴の諦めない姿勢が会長の心を動かしたからこその言葉ですね✨

「話が違うじゃないか」と怒る副社長に頭を下げる和田部長。

ですが、晴には「完おちおめでとう」との言葉。
和田部長のさりげなさが輝いていましたね!

そしてひとつ頼みがあると晴にお願いをします。
「涼の顔が見たい」と。

息子の涼くん(寺田心)、晴には何も言わないけど父親の存在は気になっているようですね。
画像検索している姿がラストに描かれていました。

涼くんの本心、和田部長の本音、晴の気持ち。
ひとつひとつ問題を解決していく会社のお話も面白いですが、
家族の行く末も気になりますね💦

クイーン
クイーン
「海原晴と仕事をするんだ」と聞いた時に仕事をしていてこの言葉ほど嬉しいものってないですよね✨私が言われたわけではないのにジーンときてしまいました😭
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第3話(2019/11/04放送)

特別ゲスト:松沢一之、長谷川朝晴

ある朝、海原晴(中谷美紀)は驚きの報道を目にする。
五木商事の関連会社である西本工業が日和製作所によって敵対的買収を仕掛けられているというのだ。
西本工業は航空機や工事車両用のタイヤメーカーとして利益を出している優良企業で、五木商事にとって絶対に守りたい会社である。

和田寿史(藤木直人)は、法律に詳しい海原晴(中谷美紀)をチームリーダーに配し、経営企画部一丸となって乗っ取りを阻止するよう指示。晴は早速、西本工業へ向かう。
そこで、社長の西本順造(松澤一之)や社員の及川忠志(長谷川朝晴)ら社員たちはリストラや今後の不安を抱えていることを知り、彼らの生活を守ることを固く約束する。

そして晴は、絶体絶命のピンチだからこそ、「自分たちの会社は自分たちの手で守るべき」とはっぱをかける。
と同時に、商社ならではの戦略を立て、西本工業を守ろうと必死で闘う。
果たして、用意周到に乗っ取りを進める日和製作所にどう立ち向かうのか?

そんな最中、晴は西本工業に息子の涼(寺田心)を見学に連れて行くと、偶然にも和田が来てしまい、父子は思わぬ再会をすることになって……。

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

第3話は海原晴(中谷美紀)が働く五木商事の関連会社である西本工業が
日和製作所によって敵対買収を仕掛けられるお話でした。

西本工業はタイヤメーカーとして利益を出してる優良企業で
五木商事にとっては絶対に守りたい会社。

和田寿史(藤木直人)は、法律に詳しい晴をリーダーに
経営企画部一丸となって乗っ取りを阻止するように指示します。

晴は西本工業に向かい
「みなさんの手で西本工業を守りましょう」と新しい製品の開発を依頼します。

同時進行で、五木商事の経営企画部では中古タイヤの輸出事業に目をつけ
西本工業の新しい利益となるよう、輸出を受け入れてくれる会社探しに奮闘。

西本工業が考えた新しい商品が「リニアモーターカーの消しゴム」
毎日遅くまで作業し、まもなく完成間近。

輸出を受け入れてくれる会社も見つかり、あとは契約だけという段階までこぎつけますが…なかなかうまくいかず😓

晴は奥の手として「期限付きの覚書」を1週間株を売らないことを3社に約束させます。

期限はあと1週間。それまでに新規事業を確立させなければ五木商事は莫大な損失をうむことに…。

晴は西本工業に肉まんの差し入れ、そこに和田部長も肉まんを持って登場。
ここで初めて息子の涼くん(寺田心)とご対面。

3人の間にはなんとも気まづい雰囲気が…💦

どうやら昔肉まんの差し入れを和田部長がしたことあったようです。
肉まんの差し入れには思い入れがあったようですね😊

~~~

試行錯誤し、なんとか消しゴムが完成✨

涼「凄い!消しやすいです😁」

~~~

ですが、消しゴムの販売に対して東都電鉄株式会社から待ったがかかり、
輸出会社も契約寸前のところで別会社に取られてしまいます。

海原晴だけでなく五木商事も大ピンチ💦

ここで諦める晴ではありません。
何か方法があるはずと経営企画部が一丸となり別の方法を探ります。

~~~

晴「法律よ!法律!近いうちに法改正で輸出ができる会社があるはず!」

関連会社や貿易会社に連絡をし3か月後に輸出改正が入る「ドミン共和国」を見つけます。

~~~

晴「よし!この会社でいける!」

輸出事業の契約をとりつけ、五木商事と西本工業はこれで安泰✨

ほっとしたあとに知るのは和田部長の漢気。
晴を信じて自分のクビをかけ「覚書」のことを副社長(奥田瑛二)には報告していなかったんです。

和田「君なら必ずなんとかすると信じていた」
晴「信じてくださってありがとうございました」
和田「あんな無茶な真似もう二度とするなよ」
晴「…はい」
和田「そういうところと激辛好きなところはなんとかしたほうがいいぞ!」
晴「なんでそこで激辛出てくるの?」

なんだかんだで仲の良い2人ですね😊

~~~

消しゴム作りはとん挫していましたが、
涼がアメリカの友達に送った「リニアモーターカー」の写真が
カッコイイと話題になり世界中に拡散されていたのです‼️

~~~

和田部長と出会った涼くん。

涼「本物のほうがかっこよかったな」
晴「ちゃんと会ってみる?お父さんと」
涼「・・・」

~Fin~

クイーン
クイーン
晴のアイデアが活きた回でしたね✨今話の「人たらし術は」同じ部署の方に響いたようです😊
晴と涼くん、和田部長との関係性もそろそろ進展しそうで来週も楽しみです😳
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第4話(2019/11/11放送)

特別ゲスト:満島真之介、淵上泰史、宮川一朗太

和田寿史(藤木直人)が新たな案件として、映画会社スターバレーの問題を議題にあげる。
2年前から五木の完全子会社になり、五木商事の飯島利彦(宮川一朗太)が社長に就任している。
だが和田の後輩で社員の若林隼人(満島真之介)曰く、飯島が儲け第一の商社気質で、裏付けデータがないと企画が何も通らないという。
「映画作りには感性も必要だ」と怒りを露わにする和田。
早速、海原晴(中谷美紀)は飯島に話を聞きに行くが…。

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

五木商事の子会社である映画会社「スターバレー」が赤字経営が続き、
社長に五木商事の”飯島利彦”が就任。

ですが、飯島が社長になって以来、儲け第一の商社気質になり、裏付けデータがないと企画が通らなくなったといいます。

和田部長は、大学の後輩であるスターバレーの社員プロデュサー・若林隼人から相談を受け、五木商事としてなにかできないかと晴に打診。

晴は和田部長の熱意に押され、経営方針を確認するために青柳とともに飯島社長と面会。

飯島「いい映画はビジネスとして成功した映画だ。」

と、言われてしまいます。

若林はやりたかったオリジナル作品の企画を却下され仕事を辞めようかと悩みます。

晴「会社が儲けを気にするのは当然です。まずはヒット作を出してあなたの実績を認めさせたらどうですか?」

その言葉に刺激を受けた若林は企画書を持って五木商事にやってきます。
それは飯島社長が言う、ヒット作になるべくアニメの実写化。
ただ、企画の最大のネックは製作費でした。
大規模な撮影で製作費が莫大にかかるため、飯島社長の答えは「却下」

悩んだ晴と和田部長は

「製作費が用意できれば勝ち取れる」と考えます。

今話題の青年実業家・金子陽介に力を借りるためにアポを取り接触。

金子「厳しいですね。あたる要素はあるがこれだけの額はちょっと…。」

と断られてしまいます。

~~~

諦めようとする若林に

和田「夢に命を吹き込め!まさに今のお前に言えることじゃないのか!」

と言われ、若林は再び考え直します。

~~~

晴「私飯島さん苦手で。これ以上接触したら逆効果な気がします。」

晴の言葉に考えを巡らせる和田部長。
金子の行きつけの店であるカフェで待ち伏せし、ほかの業者が名刺を渡す中、
和田部長がだしたものは…映画のパンフレット。
それは金子が監督した「ちいさな願い」という映画のパンフレットでした。

~~~

映画の話で盛り上がる2人。

若林・晴・和田は、若林のオリジナル企画を持って再び金子に話をします。
熱意に押された金子は企画書を読んでくれることに。

金子「俺はこの映画が好きだ。売れる映画だけじゃなくてたまには好きな映画をつくってみたくなったよ。」

と、全額ではないがある程度の出資を約束してくれます。

~~~

あとは飯島社長を説得するだけ。
そんな時に飯島はスターバレーの社員にこう言います。

飯島「今後、スターバレーでは着実に利益をうみだせるよう、出資と配給のみにする。」

連絡を受けた和田が動き出します。

和田「本当にそれでいいんですか?映画の世界に絶対はありません。そこが面白いんです。」

和田「データーも重要ですが、もっと作り手の感性を大事にしてみませんか。」

ここで和田は昔の飯島の功績の話をします。
飯島は昔、上の動きに逆らい、直感で動き英断していたことがあったんです。

飯島「夢のあるビジネスか…。」

飯島「私は彼らに映画づくりを続けさせてやりたい、今は我慢の時だ。」

飯島「今は歯を食いしばって耐えなければいけない。そう思っていたが、私の考えは数字に偏りすぎていたな…。」

言葉は少なくとも、飯島社長も心の中ではなんとかしたいと思っていたんですね。
和田部長の言葉に押されてついに飯島社長は

飯島「若林の好きにさせてみるか…」

と、オリジナル企画を許可してくれることに。

~~~

ラスト

晴「ほんとはお父さんに会いたいんじゃない?」
涼「ちょっと興味ある。」

と、3人で食事することに。
緊張からか大人しい涼。話もなかなか続きません。

~~~

涼「ねぇ、2人の離婚の原因ってもしかしてそれ?」

調味料のことですね💦

3人の姿をたまたま見てしまったのは川上。
噂…広がりそうですね…😅

クイーン
クイーン
和田部長の熱意が伝わってくるお話でしたね✨家族として3人で食事をした晴たち。今後再び家族になる可能性も…あるのかな⁉️
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第5話(2019/11/18放送)

特別ゲスト:野間口徹

晴(中谷美紀)ら、経営企画部に「ベトナムでの五木商事の認知度アップ」という新たなミッションが下される。
グループ会社の五木鉄鋼が初めてベトナムへ進出することになり、ベトナムで五木鉄鋼を広く認知させる戦略のためだ。
矢島智明(渡辺邦斗)は、日本で活躍するベトナム出身の著名人とのスポンサー契約を提案。
この案に賛同した晴は、将棋界で今最も注目されているベトナム出身の若き天才女流棋士グェン・ランを候補に挙げる。

さっそく晴は部下の青柳悠馬(白洲迅)と共にランがエージェント契約を結ぶ代理人の寺尾紀之(野間口徹)と交渉を開始し、好感触を得る。
ところが、寺尾は後日一転して五木商事と同じ提案をする大手飲料メーカーが現れたため、2社によるコンペにしたいと言い出した。
思わぬ強敵が現れた上に、晴の強引さがあだとなる事件が発生してしまう。
果たして、晴はこのピンチをどう乗り切るのか!?

一方、晴は一人息子の涼(寺田心)と和田寿史(藤木直人)が偶然会ってしまったのをきっかけに、新たな展開が訪れようとしていた……。

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

経営企画部に新しいミッションが下ります。

”ベトナムでの五木商事の認知度アップ”

矢島は日本で活躍するベトナム出身の超名人とのスポンサー契約を提案。
この案に賛同した晴は、将棋界で今注目されている、ベトナム出身の天才女流棋士”グェン・ラン”を候補に挙げます。

”五木商事とベトナムの架け橋”をテーマに動きだす経営企画部。

~~~

一方、社内では加治が口を滑らせたことで”和田と晴が付き合っている”
という噂が流れてしまいます。

~~~

青柳と共にランがエージェント契約を結ぶ代理人の寺尾紀之の元へ向かい交渉を開始。
寺尾との話し合いが好感触だったことで準備を進める晴たちでしたが、
後日、五木商事と同じ提案をする大手飲料メーカーが現れ、2社によるコンペをすることになります。

予期せぬ事態にも、前向きにいつも通り進めていく晴。
”五木商事”を前面に押し出そうとしたことで寺尾から怒られてしまいます。

~~~

落ち込む晴に「視点を変えてみればいい」と話す和田。
そんな2人を扉の向こうで見ていた青柳と加治。

~~~

家に帰った晴は”視点を変える”ということを考えていた。

涼「NET FREND見ていい?PC借りるねー。」

と、映画を観始める涼。
ここで晴はひらめきます。

~~~

次の日、”将棋のトーナメント戦を全世界に生中継する”ことを提案。
五木商事ではなく”日本とベトナムの架け橋”になってもらおうというのです。
話を聞いた矢島は通信部と連携。
大手のNETFRENDとマネージメント契約を結べることになりますが、
生中継はできないと言われてしまいます。

どうしても生中継したいと譲らない晴。

晴「飲みに行こう!」

と、矢島と青柳を誘います。
そこで生中継に拘る理由を話します。

晴「ランが大好きなおじぃちゃんとおばぁちゃんに頑張ってる姿を生で観せてあげたい。」

熱い思いを語る晴に

矢島「それなら大手のNETFRENDは諦めて別を探すしかないですね。」

と、晴の気持ちを汲んで別の提携先を探すことになります。

~~~

後日、通信部と再び連携し、東南アジアを中心に展開するネット配信会社を見つけます。

さっそく新しい企画をもって寺尾の元へ向かう晴と青柳。
話を聞き、晴はこれを使ってほしいとあるジャケットを渡します。
それは右胸に”蘭”の花が描かれランの名前が入ったジャケット。
ランの名前が同じ意味だと知り、ぜひ着てほしいとアパレル部門と提携して
ジャケットを作っていたのです。

晴の思いを知った寺尾は

寺尾「五木商事とマネージメント契約をします。」

と、決めてくれました。

仕事は無事に完了。

~~~

ラスト

和田に呼び出された晴。

和田「俺たちが付き合ってるって噂が流れてるんだ。」
晴「えぇ…」

噂になってると教えてくれたのは一乗寺でした。

クイーン
クイーン
人と関わらず、仕事もしない一乗寺ですが少しずつ気持ちの変化が見てとれますね☺️
最終回になるころにはバリバリ働いてるのかも…⁉️
晴と和田の恋の行方も気になります😆
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第6話(2019/11/25放送)

特別ゲスト:国仲涼子、黒川智花

海原晴(中谷美紀)と和田寿史(藤木直人)が付き合っているという噂が社内中に広まる中、経営企画部の新たなミッションは子会社のアパレルブランド「ファンソフィー」の
売却に向けてのブランド側との交渉だった。
15年前に五木商事の子会社となり、一時期はセレブ層に人気があったブランドだが、かつての勢いを失い、経営難に陥るっていた。
副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)は和田を呼び出し、売却一択で話を進めるように念を押す。

早速「ファンソフィー」に出向いた晴と青柳悠馬(白洲迅)は、創業者でデザイナーを務める母と共にブランドを支えてきた副社長の久保田英里子(国仲涼子)と対面。
五木商事からの出向者で現在はファンソフィーの商品開発に携わる上原麻美(黒川智花)も同席し、久保田は来年度の経営計画とコスト削減案を示す。
しかし、それを見た晴は、「これだけでは厳しい」と答え、いくつか改善を促すが、こだわりは譲れないと拒否されてしまう。
ポリシーやブランドイメージは曲げられないが、五木商事との関係も保ちたい…そんな久保田に晴はある「究極の二択」で決断を迫る。

一方、晴と和田が「付き合っている」という噂を聞いて以来、気になって仕方がない青柳は悩んだ末に…。

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

晴と和田部長が付き合ってると噂が社内中に流れているが、
2人で話をした結果、ひとまずこのまま様子を見ることに。

副社長に呼び出された和田部長は、経営器株の新たなミッションを言い渡される。
子会社のアパレルブランド”ファンソフィー”の売却だ。
かつての勢いを失い、売却一択で念を押される和田部長だったが、
経営企画部で話をし、晴は存続の方向で藤尾は売却の方向で数字を見直すことになる。

さっそく”ファンソフィー”に向かう晴と青柳。
創業者の娘で、現在経営権をもつ副社長の久保田英里子(国仲涼子)と
五木商事から出向している上原麻美(黒川智花)も同席し経営計画の話をする。

英里子は”来年度の経営計画”と”コスト削減案”を出すが
これだけでは厳しいと答える晴。

”ファーをフェイクファーにする”や”コストを下げた別ブランドの新規立ち上げ”
など、いくつか改善案を出す晴だったが

英里子「それはできません。」

と拒否されてしまう。

英里子の気持ちもわかるが、ビジネスだからと新しい企画を考える晴と青柳。
晴は”カタログ通販雑誌”を新規に立ち上げることを提案。
再び英里子の元を訪れる。

企画を話す晴。

晴「ただ問題は…利益を生み出すために3年ほど時間がかかります。」

認知度を上げるために初期投資がかかり、最低でも3年は赤字になってしまう。
五木商事としては赤字を補填することはできないと話す。

晴「ポリシーを曲げコストカットをし五木商事の子会社でいるか。」

晴「五木商事の庇護を離れて、リスクを承知で勝負に出るか。」

晴「あなたが選べるのは二者択一です。」

と究極の選択を迫ります。

~~~

数日後、経営計画部では”ファンソフィー”の最終決断に向けての議論が行われていた。

数字面から株は売却すべきとする藤尾。
今は回答待ちだと話す晴でしたが

晴「株は売却するしかないと思います。残念ですが、それが私の出した結論です。」

~~~

会議後、和田部長と晴が2人で話しをしているところを偶然見かける青柳。
2人で話がしたいからと1人で英里子の元へ向かう晴。

和田部長は副社長に報告。

副社長「これからもその調子で頼むよ。」

~~~

株を売却することになったと英里子に伝える晴。
話を聞き、納得する英里子。

英里子「株は売却していただいて結構です。ハイブランド通販のプラン、私にいただけないでしょうか。」

そう言われ笑顔になる晴。

英里子「ポリシーを曲げないんですもの。リスクは承知の上です。」

晴「ありがとうございます。五木商事が株を売却してもあなたなら新しいビジネスに挑戦してくれると信じていました。」

晴「だから私は株の売却を決意することができたんです。」

(売却になってしまったのは残念だけど、晴は英里子が決心するとこまで読んでいたのですね。)

晴「3年後、株を売却したことを五木商事に後悔させてください。」

英里子「はい。」

~~~

後日、青柳が作成した株の売却の書類に目を通る晴。

青柳「あの…海原さんは和田さんと付き合ってるんですか?」

ずっと気になっていたことをついに晴に聞く青柳。

晴「和田さんとのことが事実だとしたら、今後私と仕事をする時に態度が変わるの?」

青柳「いえ、僕は社内恋愛はありだと思っています。」

~~~

和田に青柳に言われたことを相談する晴。
信頼する部下に心配させることはよくないと2人のことを話す決意をする。
経営計画部の人達に
・付き合ってる事実はない
・以前結婚していたこと
・その当時、海原は五木商事の社員だった
・川上が見た食事は父と子のためにセッティングしたもの

と今までの2人の経緯を話します。

川上「知らなかったとはいえ、中途半端な噂を流してすいませんでした。」

~~~

家に帰り、スッキリしたと話す晴でしたが、
その頃和田部長は副社長に呼び出されていた。

~~~

ラスト

副社長「聞いたよ。お前海原と夫婦だったって言うじゃないか。」

副社長「俺を騙せると思うなよ。」

クイーン
クイーン
企みがバレそうな和田部長ピンチか⁉️
今後の仕事にも影響が出る可能性…あり⁉️💦
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第7話(2019/12/02放送)

特別ゲスト:南沢奈央

海原晴(中谷美紀)との関係が公になり、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)から「社長派」ではないか疑われ、和田寿史(藤木直人)は否定するが…。
そんなある日、新規事業の立ち上げを目指して実施された社内公募の最終選考3本の中に、青柳悠馬(白洲迅)の企画が残ったという。
経営企画部の本部長でもある高山は部で総力を挙げ、是が非でも勝ち取るよう厳命を下す。

翌朝、和田は青柳に最終選考の結果を伝え、企画部のみんなの知恵を借り、企画をブラッシュアップしようと提案するが、青柳は「みんなには黙っていてほしい」と意外な言葉を放つ。
そんな中、晴に“商社で働く女性”がテーマの勉強会へ出席してほしいという打診があった。
晴はそれを快諾するが、和田にその間、涼(寺田心)を預かってほしいとお願いし…。

勉強会で大きな刺激を受けた晴は、早速新規事業を提案。
それは青柳も考えていた『社会課題解決型ビジネス』だった。
その話を聞いた青柳は、自らの出した企画の重役プレゼンの準備に加え、幾つもの案件のアシストをしているにも関わらず、さらに晴の企画も手伝いたいと手を挙げる。

Paraviから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

高山副社長(奥田英二)に呼ばれだ和田部長(藤木直人)は海原晴(中谷美紀)との関係を探られます。
それを上手い事かわし本題を聞くと、青柳(白洲迅)が社内コンペの最終選考に残っている事を聞かされました。
青柳に確認すると、他の人に勘違いされたくないから黙って欲しいと言われ要望を飲む事にした和田部長。

そんな中、プレゼンの内容と合致した企画をしたいと海原晴が新企画を立ち上げる。
青柳は参加する事を提案するが、ほかにも矢島(渡辺邦斗)や藤尾(山中崇)の仕事抱えており多忙を極めていた。
それでもやると聞かない青柳は全力で取り組み、みんなが帰宅後プレゼンの資料を徹夜で作る日々を過ごす。

~~~

藤尾のプレゼン当日。
出社してこない青柳。電話も繋がらず頭を抱える藤尾。
プレゼン用の大切なデーターが青柳のPCにあり、パスワードがかかっていて確認できないという藤尾に対して海原晴が怒りをあらわにします。

晴「そんな大事な資料をどうして共有していないの!」

海原晴は藤尾が悪いといい最終的に和田部長が全ての責任は仕事の采配を間違えたと自分が悪いと和田部長がその場を収める。

青柳は疲労が溜まっての寝坊で、藤尾のコンペも無事に終了。

最終先行に残った社内コンペの話を聞いた部署の仲間達は

川上「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ!」

矢島と川上は青柳の力になると協力を申し出る。

ラストは、一乗寺(忍成修吾)までもが仕事を手伝う状態になりチームとしてまとまりをみせた。

クイーン
クイーン
次回は、大臣の地元に空港を建設する業者に談合して食い込もうとする話。
高山副社長(奥田英二)は、一乗寺にプレッシャーをかけて親の力を使おう企んでいる様子💦
副社長に屈せず、最高の企画で見事に空港建設を勝ち取る展開が見たいですね‼️
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第8話(最終回)(2019/12/09放送)

特別ゲスト:山田明郷

和田寿史(藤木直人)は晴(中谷美紀)に「受け取ってほしいものがある」と切り出す。
和田が差し出したものは晴にとっても予想外のもので…。

経営企画部では、青柳悠馬(白洲迅)の社内起業重役プレゼンまであと2日に迫る中、副社長の高山雄一郎(奥田瑛二)から新たな命が下る。
奈良空港建築事業で、公共機関が民間企業に建設・サービスなどを委託するPFIを実施することになり、この入札に五木商事も参加するというのだ。
晴と藤尾(山中崇)を中心に部一丸となって、着々とプランを練っていく。
しかし、高山の部屋になぜか一乗寺秀人(忍成修吾)の姿が…。
高山は一乗寺の父である厚生労働大臣の一乗寺俊太郎(山田明郷)とのある「密約」を打ち明け…。

思い悩んだ一乗寺はある決意を胸に和田と晴の元へ…。
晴たちは果たして様々な困難を乗り換え、商社パーソンとしての誇りを守れるのか?

Paraviから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

和田(藤木直人)は涼(寺田心)のために毎月貯金をしていた。
その通帳を晴(中谷美紀)に渡す。

青柳(白洲迅)のプレゼンも無事に終わり、和田は副社長(奥田瑛二)から新たなる事案の入札を言い渡された。
経営企画部を中心に、奈良空港新設を一丸となって望むことになった。しかし一人浮かない表情の一乗寺(忍成修吾)がいた。

副社長室に一乗寺が呼び出され、一乗寺の父親・厚生大臣から密約があったことを打ち明ける。
空港新設で施工業者は一乗寺建設を押すように上からの指示あった。

だが突然、一乗寺が和田に退職願を提出。
叔父の会社の利益を求め、副社長と父親とで裏工作があり、副社長は一日も早い社長のイスを狙っていることを打ち明けた。
晴は副社長の元に走り、一乗寺は物でも人質でもなく私たちの仲間であると副社長にくってかかる。
和田が止めに入り、晴は退室。
和田は部下は五木商事に誇りを持って仕事をして、部下を信じて欲しいと訴えっる。

和田は退職願を一乗寺に返し、八水建設の見積りを副社長室に渡す。
副社長からは岩林建設会社の方が数字も低く実績も信頼もあると見積もりを差し出され、正々堂々と仕事をすることを決める。

ラスト

空港のプランは他の会社が落札。
施工業者は一乗寺建設であったことを知らされ、副社長は左遷となるが商社マンとしての強靭を守れたと和田に感謝する。

和田と晴親子は家で食事をし仲良く過ごし姿が。

SNSで話題のネタバレ感想と評価

クイーン
クイーン
副社長も改心し、青柳も新天地へ向けて出発。ラストは、晴親子と和田部長の仲睦まじい姿が✨
ハッピーエンドで終わってとてもよかったです😊

 

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の作品紹介

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」は中谷美紀さん主演が話題を呼んでいる月10ドラマです。

  • 今までの中谷美紀主演作品が大好き
  • 中谷美紀さんのファン
  • 最近話題の白洲迅さんのファン

そんなあなたはぜひ観てくださいね✨🙏✨

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の放送スケジュール

  • 毎週月曜22:00からテレビ東京系列で放送<※放送終了>

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の主要キャスト

  • 中谷美紀
  • 藤木直人
  • 白洲迅
  • 忍成修吾
  • 山中崇
  • 加治将樹
  • 渡辺邦斗
  • 寺田心
  • 奥田瑛二

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の主要スタッフ

  • 脚本:龍居由佳里、本田隆郎
  • チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
  • プロデューサー:浅野 太、稲田秀樹、戸石紀子、栗原美和子、高田良平
  • 演出:土方政人、都築淳一、三木茂
  • 音楽:ワンミュージック
  • 製作:テレビ東京、共同テレビ
  • 制作著作:©️テレビ東京

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の主題歌

▼主題歌
wacci「Baton」(エピックレコードジャパン)

▼オープニングテーマ
琴音「白く塗りつぶせ」(ビクターエンタテインメント Colourful Records)

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の原作

龍居由佳里さんと本田隆朗さんのオリジナル脚本です。

龍居由佳里さんは「星の金貨」や「砂の器」などの脚本も担当されています。

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の公式サイトやSNS

公式サイトハル ~総合商社の女~
Twitter公式アカウント
YouTubeテレビ東京公式 TV TOKYO

ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の最新情報やSNSの話題

【1話から8話(最終回)】ドラマ「ハル ~総合商社の女~」の見逃し配信フル動画を無料視聴する方法のまとめ

この記事ではドラマ「ハル ~総合商社の女~」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法を解説しました。

まとめ
  • 「ハル ~総合商社の女~」全話見逃し動画が見られるのはParaviだけ
  • 30日の無料期間で「ハル ~総合商社の女~」の全話が見放題
  • 無料体験中はいつでも無料で解約可能
  • 放送終了後1週間以内ならTVerなどでも視聴可能
クイーン
クイーン
ドラマの本編では明かされなかった物語の裏側を描く「チェインストーリー」とセットで見ると何倍も面白くなりますよ✨

気になる方は無料体験ができる間にぜひ試してみてくださいね♪

\ まずは30日間無料体験 /

無料で今すぐ見る 

Paraviの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨

Paravi「ハル ~総合商社の女~」無料視聴
【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「ハル ~総合商社の女~」を見る>>

本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はParaviにてご確認ください。
\あなたにおすすめ/